加齢とともに現れるしわはなぜできてしまうのか、部位ごとにできる原因は違うのかなど、しわができる原因から対策に至る一連の流れについて解説しています。また、肌の天敵である乾燥と対策、そしてしわとの関連性についても説明しています。

顔のシワやたるみの原因と対策!しわに効くオールインワンジェルおすすめランキング

シワに効くオールインワンジ
加齢によるしわやたるみ、見ているだけで気が滅入ってしまいますよね。

年齢を重ねるほどシミやしわができやすくなることは確かですが、しわの種類や箇所を調べるだけでも対策は可能です。

そこで、部位別に見るしわの特徴やしわの種類についてしたいと思います。

シワは「乾燥じわ」「表情じわ」「たるみ」の種類がある

シワには種類がある

しわができる原因として、肌の乾燥は見逃せません。

40代にも差し掛かると、自分でも肌の潤いが失われていることを実感せざるを得ないでしょう。

この乾燥こそが乾燥じわの原因であり、その潤いの欠如を肌がカバーしようとして細かいしわができてしまいます。

また、肌の乾燥は表情じわの原因にもなり、笑顔を作った時にできる目元のしわなど表情を浮かべた際のしわも戻せなくなってしまうのですね。

他にも、肌のハリが失われることでたるんでしまうのは有名ですね。

このように、何も対策していないと肌はどんどん衰えていくばかりなのです。

部位別に見るしわとその特徴とは

おでこのシワ

おでこのシワ

おでこにできてしまったしわは、たるみとは反対に皮膚が固まることでできることをご存知でしょうか。

おでこの皮膚は、まぶたと連動していることから意外と動きやすいもの。

そんな状態で皮膚が固くなっていると、動かした皮膚が戻らずしわになってしまうのですね。

また、反対に全くおでこを動かさないのもNGなのです。

使わない部位はそれはそれで固まってしまうので、目立つ箇所なこともあり意外とおでこのしわは厄介ですよ。

眉間のシワ

眉間のシワ

眉間にできるしわも、目の動きが影響していることはイメージしやすいでしょう。

特に視力が悪い方は、目を凝らす際に目に力を入れてしまいしわが生まれます。

元々目が悪い方は自然とこのように目に力を入れがちなので、余計にしわができやすいのですね。

さらに、現代人はスマホやパソコンなど、物を近くで見ることが多いことから目を凝らしがちなのも非常に厄介。

眉間は目立ちやすい箇所なので、一度できると大変なこともあり普段から対策はバッチリ行いたい所でしょう。

目元のシワ

目元のシワ

やっぱり、目元のしわだけは目立つこともあり、なんとかしたいですよね。

なぜ目元のしわが多くの人にできてしまうのかというと、目元は皮膚が薄く水分保有量もあまり多くありません。

すなわち、顔の中でもかなり乾燥しやすい部位であり、さらに動きの激しい目の影響もあっていつの間にかしわができてしまいやすいのです。

厄介なことに、この皮膚の薄さがデリケートさにも繋がっており、下手に触ると余計に症状が悪化しかねない点も面倒くささに拍車がかかっているのでしょう。

目尻とシワ

この目尻しわこそ正に、先ほど説明した表情しわの代表格。

笑顔を作った時に浮かぶ目尻のしわが感想によって戻らなくなり、そのまましわとなって笑っていないときにも残ってしまうパターンです。

また、段階によってしわの程度が異なる点も、この目尻しわが厄介なポイント。

最初はちょっとしたしわができるだけなので、ちりめんジワとも呼ばれますが、ここから一段進むとさらに元の肌の状態に戻しづらくなる深いシワになっちゃいます。

ほうれい線

加齢の象徴ともいうべきほうれい線、このほうれい線は皮膚や筋肉が衰えてしまい、その結果下に落ちてしまうことで発生します。

その他にも様々な原因が絡み合いやすい肌のたるみであり、肌の乾燥はもちろん喫煙や片方でばかり噛んでいたりと、生活習慣の乱れも実はほうれい線の原因になってしまうのです。

こうした生活習慣の乱れが積もり積もってできあがったのがほうれい線であり、目立ちやすいこともあり早急に対策したいところですね。

あごのシワ

あごのしわといわれてもピンと来ないかもしれませんが、あごに力を入れた時にできる梅干しのようなしわの形を見たことがありませんか。

正しくあれこそがあごのしわであり、口呼吸をしていたり元々噛み合わせの悪い人がなりやすいともいわれています。

シワができる原因とは?

ここまで見てきたら分かるように、同じ顔でも部位が異なればしわができる原因も異なるのです。

ただし、肌の乾燥だけは話が別で、顔のどの部位のしわにも影響を及ぼすことからスキンケアの重要性が見て取れますね。

そして肌の乾燥と合わせて注意したいのが表情の動き。

表情を動かした時のしわが残り続けることでいつの間にか老け顔に。

表情を動かさないというのは現実的ではないので、せめて目つきが悪くなることでできる目元のしわには気を付けたいところですね。

シワにならないためには?予防する方法

一番大切なのは、とにかく保湿を怠らないこと。

肌の潤いがなくなると紫外線のダメージも受けやすくなりますし、しわ以外にもシミなどの原因になりかねず非常に危険な状態に陥ります。

また、ダメージということで外出時に日差しを浴びないよう紫外線対策を怠るのもNG。

紫外線は顔全体に容赦なく降り注ぐことから日焼け止めなどをきちんと使った毎日のケアが大切ですよ。

シワ・ほうれい線に効く!おすすめオールインワンジェル人気ランキング

1位 7種のコラーゲンでハリのある肌を目指せる「パーフェクトワン」

  • 大きさの異なるコラーゲンが7種類も配合
  • 紫根エキスなど50種類の保湿成分を配合
  • 効能評価試験で、小じわを目立たなくする効果が確認済み

一番の魅力は、保護コラーゲン、カプセルコラーゲン、集中保湿コラーゲンなど、7種のコラーゲンを組み合わせた複合型リフティングコラーゲンEXが配合されていること。
大きさが異なるので、肌の表面だけでなく角質層までしっかりと浸透することができ、気になる小じわを目立たなくさせてくれます。
セラミドや紫根エキスといった50種の保湿成分もたっぷり配合されているので、みずみずしい感触だけどしっかりと潤いとハリを与えてくれる実力派です。

保湿力の高さが気に入りました。肌の奥までしっかりと浸透している感じがして安心できます。使っていると調子が良いです。


軽めの感触ですが、不思議と乾燥しません。さっぱりとした保湿感があり、ふっくらとしたハリのある肌になります。

2位 栄養分豊富なユーグレナエキスの力がお肌を変える「ユーグレナone」

  • 59種類の栄養分を持つユーグレナエキスが肌を根本から立て直してくれる
  • 最新のナノ乳化技術で潤いを長時間逃がさない
  • エモリエント成分が30%以上と高配合

ユーグレナ(ミドリムシ)の研究開発に定評のあるユーグレナ社の技術がフル装備された化粧品です。
59種類の豊富な栄養素を持つユーグレナの強い生命力を活かし、潤いとハリの満ちた肌が手に入れられるのが魅力的です。
ユーグレナ以外にも豊富に美容成分が配合されていたり、成分が最大限に効果を発揮するように独自のナノ乳化が使われていたりと、オールインワン化粧品をイマイチ信用できなかった人でもこれなら満足できるはずです。

今まで多くのオールインワンゲルを使ってきましたが、これが一番の保湿力です。しっとりもっちり、潤いのある肌に落ち着きます。


最初はべたっとするけれど、次第に肌に馴染んで程よい保湿感に落ち着きます。乾燥が防げてプルプルの肌になれます。

3位 浸透しにくい大人肌のために浸透力にこだわった「ローヤルゼリーもっちりジェル」

  • 美容成分を独自の技術で肌のすみずみまで高浸透
  • ローヤルゼリーだけでなく、コラーゲン、ヒアルロン酸など年齢肌に働きかける美容成分を配合
  • 京都大学化学研究所と大阪市立大学大学院によって研究・開発された美容成分ナールスゲンも配合

年齢を重ねるとどんなに良い美容成分が配合されていても、肌に浸透せず、その効果が実感できません。
この商品は肌への浸透力にこだわりがあり、美容成分がシルク由来浸透カプセルで包み込まれています。
この独自技術によって肌の奥まで成分が浸透でき、長時間成分を肌にとどめて、より高い効果が発揮できるようになっています。
大学で研究開発された新美容成分が配合されているのも、新しい物好きな人におすすめです。

簡単ケアなのに、商品名通りにもっちりとした肌になれて驚きました。化粧のりも良くなって気に入っています。


もちっとした弾力の肌になれ、これがハリか、と嬉しくなりました。長時間乾燥を防ぐことができて、化粧崩れを起こしにくくなりました。

4位 濃厚なプラセンタの力でプルプルなお肌になれる「キレイデ・ボーテプラセンタジュレ」

  • 貴重な国産の馬プラセンタを贅沢に使用
  • 水分浸透力が合成ジェルの2倍もある天然ジェル
  • 4種の植物素材成分と、それをサポートするヒアルロン酸、コラーゲン、セラミドを配合

馬プラセンタだけでなく、馬サイタイエキス、馬油も配合されていて、馬の3種類の成分が贅沢に使用されています。
しかも使われているのは、厳しく管理されている国産馬なので、安全性と品質の高さに信頼できます。
独自に開発した天然ジェルは、水分浸透力が合成ジェルのなんと2倍。
水分保持力も高いので、しっかりじっくりと保湿させることができます。

肌がぐいっと持ち上げられて、頬のたるみが気にならなくなりました。顔のお手入れのついでに首やデコルテにも塗っていたら、シワが目立たなくなってきました。


水分量が上がってきて肌が柔らかくなりました。ほうれい線のあたりにピンとしたハリが出て、少し薄くなったような気がします。

シワができてしまったら?

予防の段階を超えてしわができてしまった場合、まずは自分のスキンケアの見直しから入ります。

本当に保湿は足りていますか。

例えば洗顔時、必要以上に顔をこするのは実はNG行為ですし、間違ったスキンケアを行っている可能性も否定できないでしょう。

また、肌に良いとされている成分を積極的に外部から摂取する方法も無視できません。

コラーゲンやビタミン類など、肌に良いサプリメントなども生活に取り入れることで健康的な肌に近づけるのです。

大切なのは、生活習慣も一緒に改善すること。

じわじわと少しずつ治していく根気が、しわ対策には必要不可欠なのです。

まとめ

何度も述べられているように、しわ対策=乾燥対策と言い換えても問題ありません。

それほど肌の乾燥はしわやたるみの原因となる状態なので、毎日欠かさずスキンケアをして潤いのある肌を目指しましょう。

スキンケア以外にも、睡眠の質を挙げたり肌に良いサプリメントなどを摂取したりと、肌を労る方法はいくらでもありますよ。

更新日:

オールインワンジェル比較ランキング

Copyright© オールインワンジェルおすすめランキング2018|成分・口コミ・効果で比較 , 2018 All Rights Reserved.